鷲野染工場のブログ

BLOG

ゼスト御池「洛中和の心」令和元年9月

令和元年9月29日(日)ゼスト御池「洛中和の心」に参加させて頂きました。毎月開催のこのイベント、弊社も可能な限り参加させて頂きたいと思っております。日程等はゼスト御池ホームページに掲載されます。次回は、10月21日(月)・10月22日(火) 11:00~19:00 寺町広場にて開催予定です。是非お越しください。お待ちしております。(※弊社都合により参加できない月もあります。ご了承ください。)

第22回京の味めぐり・技くらべ展 手捺染体験教室 終了しました

令和元年9月11日(水)~17日(火)大丸京都店で開催された第22回京の味めぐり・技くらべ展に出展し、無事終了致しました。お忙しい中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。会期中16日に実施しました手捺染の体験教室も好評のうちに終えることが出来ました。体験されたお客様、ありがとうございました。ご自分の手で染められたオリジナルのTシャツやトートバックは気に入っていただけましたでしょうか?長く愛用していただければ嬉しいです。

今回の出展、実施にあたりご協力いただきました関係者の皆様に御礼申し上げます。

今回2回目の出展でしたが、昨年ブースに来てくださったお客様が弊社を覚えていてくださり、今年も訪ねてくださる、といった嬉しいこともありました。ありがとうございます。今後もお客様とのコミュニケーションを何よりも大切にしていきたいと思います。

毎日新聞 地域わいど「ぐるっと」で紹介されました

令和元年9月4日(水)付け 毎日新聞朝刊19面 地域わいど「ぐるっと 兵庫・大阪・京都」の水曜日カルチャーのコーナーに、弊社が大変お世話になっている立命館大学総合心理学部の北岡明佳教授が ”「錯視」究めれば「美」へ ” をテーマに登場されました。取材された記者の方に、北岡先生が「錯視図形をデザインに用いて日傘等を製造している染工場がある」と弊社を紹介して頂いたのがご縁で、光栄なことに弊社も記事に取り上げて頂けました。北岡先生、毎日新聞社の記者の方、ありがとうございました。

第22回京の味めぐり・技くらべ展に出展、手捺染体験教室実施します

令和元年9月11日(水)~17日(火)大丸京都店で開催される第22回京の味めぐり・技くらべ展に出展します。今回で2回目の出展です。日傘、ストール、ペンケースや手拭い等の小物類を出品します。皆様のご来場をお待ちしております。

また、今回は1日だけですが出展と同じフロア内で手捺染の体験教室も実施します。

9月16日(月・祝)のみ 13時~・15時~ 各回定員15名様 先着順

ご自分で選んで頂いたデザインと色で、Tシャツやトートバックをご自身の手で染めて頂けます。大勢の方々に楽しんで頂きたく、会場にてお待ちしております。ぜひご参加ください。よろしくお願いいたします。

 

ミラ・ショーンのオーダーシャツを染めました(2019 A/W)

ご好評いただきました2019S/Sに引き続き、今年も2019A/Wミラ・ショーン社オーダーシャツの生地を染めさせていただきました。今回で7シーズン目です。全国百貨店の紳士オーダーシャツ売り場で販売されます。ぜひご覧ください。

出張手捺染体験イベント 堀川AC Lab

令和元年8月3日(土)・4日(日)外はうだるような猛暑の中、大垣書店様が経営されている堀川AC  Labのスペースをお借りして、出張手捺染体験を中心に下記の内容で初めてのイベントを実施しました。

◆Tシャツ、トートバックの手捺染体験
◆生地の計り売り
◆オリジナルグッズの販売
(日傘、ペンケース、ブックカバー等の小物、手拭い、風呂敷、Tシャツ、シュシュ等)
◆染物生地の相談会&オーダーメイド受注

手捺染体験は、あらかじめ予約されていた方や平素より弊社を応援してくださっている方、ふらりと立ち寄って興味を持たれた方等、大勢の皆さんに体験して頂きました。中には外国人観光客の方もおられ、京都滞在の良い思い出作りにお役に立てたかなと思います。

場所提供にご協力頂きました大垣書店様に御礼申し上げます。今後も共に協力してお客様に喜んで頂ける楽しいイベントを実施していけたらと思います。よろしくお願い致します。

今回は初めての開催で準備に追われ、慌ただしく当日を迎えてしまい、十分な広報と告知が出来なかったことが反省点です。イベントは今後も継続して実施します。ご興味のある方は是非ご参加ください。どこかの会場でお会いできることを楽しみにしております。

 

出張手捺染体験イベント開催します

かねてより手捺染体験を中心とした出張イベントを開催したいと思っていましたが、この度、初開催の運びとなりました。大垣書店様が運営されている堀川AC  Lab をお借りして、今週末、初めて実施します。概要は下記のとおりです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

***************************************************

【イベント概要】

有限会社鷲野染工場の染色職人、鷲野城克一による出張手捺染イベントを開催いたします。手捺染(てなっせん)とは古くから伝わる染めの技法です。捺染台に生地を広げ、その上に染め型と色糊を置き、スキージという道具を使い、職人が自分の手で色糊を伸ばし広げながら染めていきます。
このイベントでは、参加者に鷲野染工場オリジナルのデザイン(染め型)と自分の好きな色を選んで頂き、Tシャツやトートバックを自分で染めることにより、手捺染の世界を体験して頂きます。自分だけのオンリーワンのTシャツやトートバックを、自分の手で染めてみませんか?
手捺染体験の他にも、生地の販売やオリジナルグッズの展示販売等も行います。親子でのご参加大歓迎です。

たくさんのご参加をお待ちしております。

日  時:8月3日(土)、8月4日(日) 10:00~18:00
場  所:堀川AC Lab(京都市上京区奈良物町 堀川団地出水第三棟)
アクセス:京都市バス「堀川下長者町」すぐ
京都市営地下鉄「今出川」「丸太町」「二条城前」徒歩15分

【内容】
◆手捺染体験(予約制・有料 Tシャツ2,500円・トートバック1,000円)
所要時間おひとり約10分 ※状況により、当日の飛び入り参加も可能です
・8月3日(土)
午前の部(10時~)先着15名様
午後の部(14時~)先着15名様
・8月4日(日)
午前の部(10時~)先着15名様
午後の部(14時~)先着15名様
・予約連絡先:有限会社鷲野染工場 メール:washino@abeam.ocn.ne.jp
電話:075-721-5611  携帯:090-9042-2678  FAX:075-721-5416
お名前、希望日時、連絡先電話番号、Tシャツ希望の場合はサイズ(110㎝~150㎝、S~XL)をお知らせください。

◆生地の計り売り
手捺染で染めた服地の端切れ(ポリエステル、綿、シルク、ウール等 約25cm×25㎝)を10g=@50円で計り売りいたします。

◆オリジナルグッズの販売
自社で染めた生地を用いて企画・製造しましたオリジナルグッズを展示販売いたします。
(日傘、ペンケース、ブックカバー等の小物、手拭い、風呂敷、Tシャツ、シュシュ等)

◆染物生地の相談会&オーダーメイド受注
反物白生地への捺染オーダー、オリジナルグッズのオーダーメイドを承ります。

こんなふうに自分で染めてみませんか?

ゼスト御池「洛中和の心」2回目

令和元年7月23日(火)・24日(水)先週に引き続き、ゼスト御池の「洛中和の心」に参加させて頂きました。今回は先週の出品物に加えて、手拭い、ヘアゴム、ポーチ、がま口財布等も出品しました。「洛中和の心」は毎月開催されてます。弊社も来月以降、毎月参加させて頂けることになりましたので、今回残念ながらお越し頂けなかった方々も是非お越しください。お待ちしております。今後も皆様に楽しんで愛用していただける和柄の品物を出品していけるよう頑張ります。初参加にあたり、いろいろとお世話になりました関係者の方々に御礼申し上げます。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ゼスト御池「洛中和の心」初参加

令和元年7月16日(火)・17日(水)祇園祭で賑わうゼスト御池の寺町広場で開催された「洛中和の心」に初めて参加させて頂きました。弊社は、日傘と和柄のオリジナルTシャツ、風呂敷、シュシュ、眼鏡ケースを出品させて頂きました。和柄の商品に特化したイベント参加は初挑戦。手探りの2日間は大変良い勉強になりました。引き続き、来週7月23日(火)・24日(木)も開催され、弊社も参加します。次回は手拭いも出品予定です。皆様のご来場をお待ちしております。是非、遊びに来てください。

 

 

 

 

同志社中学校を訪ねました

令和元年6月29日

弊社社長が小学生の息子2人を連れて、左京区宝ヶ池の同志社中学校に行ってきました。入試広報室・数学科の園田 毅先生を訪ね、数学博物館等を案内して頂きました。弊社が4月にJR京都伊勢丹で展示販売をさせて頂いた際に園田先生がお客様で来店され、弊社の商品をご購入頂いたことがご縁となって色々と交流させて頂き、今回の訪問が実現しました。

数学というと難しいイメージが先行しますが、ユニークな展示物を見せて頂いたり、楽しい遊びの経験を通して「難しい」が「楽しい」というイメージに変わり、大人も子供もとても楽しい時間を過ごすことができました。購入頂いた弊社の商品も展示物としてお役に立てているようで、とても光栄に思いました。

弊社は現在、手捺染の体験教室やイベントの実施に向け準備を進めています。いつか同志社中学・高校の生徒さんを対象にした体験イベントの実施を実現したいと考えています。

園田先生、大変お世話になりました。楽しい時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

▲ 
PAGE TOP